ロリポップからMixhostにサーバーを引っ越してドメインを変更する方法

スポンサーリンク
ブログ制作

こんにちは、ヨシキです。

サーバーをロリポップからmixhostに変更し、さらに、新しいドメインに変更する方法を試してみたので忘れないうちにアウトプットしておこうと思います。

前提としてサーバー引越し後はMixHostとなりますのでまだ登録していない方はMixHostから登録をお澄ましください。

[aside type=”boader”]
今回作業を行う環境
旧環境
– ロリポップ
– hutahineri.com(ムームドメイン)

新環境
– Mixhost
– kizinosu.com(ムームドメイン)

FTPソフト
– ファイルジラ
[/aside]

FTPからワードプレス関係のフォルダを全てダウンロードする

まずはFTPから現在使っているワードプレスのファイル全てを自分のパソコン内にダウンロードします。
僕はテスト用ワードプレスサイト以外は基本的にドメイン直下に全てインストールしているので
今回の場合はhutahineri.comフォルダを全てダウンロードします。

phpMyadminからデータベースの情報を全てエクスポートする

続いてロリポップにログインし、ワードプレスの全データが格納されているデータベースのエクスポート(書き出し)を行います。
このデータベースのエクスポートを失敗すると一生懸命作ったブログ記事達は消えてしまうのでくれぐれも慎重にそして、自己責任で行ってください。

ロリポップにログイン後データベースメニューに移動する

現在のワードプレスで使用しているデータベースを選択する


現在使用しているワードプレスに紐づいているデータベースの「操作する」をクリックしてください。

phpMyadminにログイン


「サーバー」と「ユーザー名」と「パスワード」をあらかじめコピーしておいた状態でphpMyadminをを開きます。

ログイン画面に切り替わるのでユーザー名入力欄とパスワード入力欄にに先ほどコピーした値を貼り付けます。
サーバーの選択欄は先ほどコピーしたサーバーの値を選択してください。

データベースのデータをエクスポート


ログインができたら続いて上部にあるエクスポートメニューをクリックしてください。
すると下の画像のような項目が表示されるので必要な項目mにチェックを入れて実行します。

エクスポート方法は「詳細」ラジオボタンを選択し、データベースは「全選択」にしておいてください。

↑上の画像の項目は何もしません(そのまま)

↑上の画像の項目は何もしません(そのまま)

生成オプションは「DROP TABLE/ VIEW/ PROCEDURE / FUNCTION / ENTER コマンドを追加する」にチェックをつけてください。

↑上の画像の項目は何もしません(そのまま)

↑上の画像の項目は何もしません(そのまま)

ほとんどそのままでしたが実行ボタンを押してエクスポートを完了してください。
実行するとsql形式のファイルが書き出されるので保存しておきます。ファイル名はユーザー名で書き出されるとおもいます。今回はファイル名を変更しています。

これでデータベースのエクスポートは完了です。
続いてデータベースの引越し作業を行なっていきます。

Mixhostに新規ドメインの設定を行う

まずは、MixHostにログインします。
そして、cPanelにログイン後「アドオン ドメイン」をクリックしてください。

ページ遷移後各項目を入力のうえ、ドメインを追加ボタンをクリックします。

ドメインを追加し、DSNサーバーの設定を行う

今回ドメインはムームドメインで取得したため、ムームドメイン側でDSN設定をMixhostのものに切り替えます。


ムームドメインにログイン後、「ドメイン操作」→「ネームサーバ設定変更」をクリックしてください。

設定変更したいドメインの「ネームサーバ設定変更」をクリック。

GMOペパポ以外のネームサーバを使用する項目欄に↑の画像のネームサーバ名を記述する。
[box class=”yellow_box” title=”記入するネームサーバ名”]
ns1.mixhost.jp
ns2.mixhost.jp
ns3.mixhost.jp
ns4.mixhost.jp
ns5.mixhost.jp
[/box]
ネームサーバ名を入力し、設定を変更します。これでネームサーバの設定は完了です。

Mixhostに新規データベースを作成する

MixHostにログインします。

Mixhostにログインし、cPanelに移動します。

cPanelの各種メニューからMySQLデータベースを選択します。

新しいデータベースの作成欄があるので任意で名前を決めてデータベースを作成してください。
これでMixhost側に新しいデータベースが出来上がりました。

作成したデータベースに移動前のデータベース情報をインポートする


cPanelに戻って今度はphpMyadminを選択してください。MixhostではphpMyaminに自動的にリダイレクトされると思います。

phpMyadminに入って今回は「インポート」メニューを選択します。

File to importのアップロードファイルを選択するとこで先ほど書き出した.sqlファイルを選択し、実行してください。
実行するとデータベースを構成情報やテーブルなどのSQL文が発行されロリポップで使っていたデータベース情報をそのまま作成してくれます。

wp-config.phpを新しいデータベースの情報に書き換える

旧のワードプレスサイトを新サーバーで動作させるためにデータベースの情報も変更しなければなりません。
そして、データベースを変更したことをワードプレス側に認知させる必要があります。
wp-config.phpの以下の内容を変更します。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'データベース名');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'データベースユーザー名');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'パスワード');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');
// mixhostでは、MySQLのホスト名はlocalhostとなります。

WordPressの他サーバーからの移転方法(プラグイン不使用) – mixhost ヘルプ&サポート

.htaccessに新ドメインへのリダイレクト処理を記述する

新旧で同じサイトが存在することはGoogleの評価としてもよろしくはありません。そこでサイトのリダイレクト処理を行う必要があります。リダイレクト処理は旧のURLでアクセスしてきたユーザーに対して新ドメインのURLへ自動的に遷移させることでサイトの整合性を一致させる役割を果たします。

旧環境のアクセスを新環境にリダイレクトなので旧環境のサイトの.htaccessを操作します。

.htaccessファイルはFTPに接続し、サイト直下のフォルダの中に格納されています。

.htaccessをダウンロードし、エディターで開きファイルの末尾に下記のコードを記述してください。

Redirect permanent / https://自分の新ドメイン名/

[aside type=”normal”] 注意
旧環境の.htaccessに記述してください。
[/aside]
[box class=”glay_box” title=”隠しファイルを表示させるショートカット”].htaccessなどの「.」が頭に付くファイルは隠しファイルと呼ばれ、普段は見えないようになっています。Macで隠しファイルを表示させるには「⌘command + shift + .」で表示させる事ができます。[/box]

FTPからワードプレスのフォルダ全てをアップロードする

wp-config.phpファイルを編集したうえで一番最初に全てダウンロードしたワードプレス関係のファイルを今度は新サーバーの環境にアップロードします。

[aside type=”normal”] 注意
旧環境と新環境のツリー構造が一緒にしてください
例えば旧環境のワードプレス設置場所がhutahinei.comフォルダの直下に設置していた場合は新環境もドメイン直下のkizinosu.comフォルダの直下に設置します。
階層が異なるとデータベースのURLの書き換えが面倒臭いので、新旧環境とも同じにしておきましょう。[/aside]

データベースのドメインを一括変換

今回インポートしたデータベースのファイルは前回のサーバー・ドメインの情報を保持しています。引越し後のドメインがkizinosu.comなのに対し、データベースの情報はいまだにhutahineri.comなのでこれを一括で置換しないとエラーが起こってしまいます。
ツールとしては、Search and Replace for WordPress Databases Scriptを使って一括で情報を書き換えます。

Search and Replace for WordPress Databases Scriptのインストール

公式サイトに行って必要事項を入力します。

送信するとメールが届くのでダウンロードはメールからできるようになっています。

ファイルを解凍してFTPで新サーバーにアップロードします。アップロードする際はワードプレスのフォルダ直下にアップロードします。
今回であればkizinosu.comフォルダの直下にワードプレスのデータが存在しているのでkizinosu.comフォルダにアップロードします。

https://ドメイン.com/Search-replace-DB-master にアクセスすると下の画像の画面が表示されるので旧ドメインと新ドメインを入力のうえ、「dry run」をクリックして一括置換を行います。

最後に悪意ある攻撃を防ぐためにSearch and Replace for WordPress Databases Scriptのフォルダごと消すようにしてください。
上記の画像の「delete me」をクリックすると削除できます。

ワードプレスのURLを書き換える


「設定」→「一般」からWordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)を新ドメインのURLに書き換えます。
作業は以上です。

ここまで作業すると無事ドメインを変更したアドレスにアクセスできると思います。初めての人やシステム的な事が苦手な人は難しいかもしれませんが慣れると簡単です。
引越しやドメイン変更が必要な場合は一度挑戦してみてください。

[box class=”yellow_box” title=”サーバー引越し・ドメイン変更の流れ”]
1. 旧環境のワードプレス関係のデータを全てエクスポート
2. 旧環境のデータベースを全てエクスポート
3. 新環境でドメインを設定する
4. DNSサーバを変更する
5. 新環境のデータベースを作成する
6. 旧環境のデータベースのデータを新環境のデータベースにインポート
7. wp-config.phpを書き換える
8. 旧環境のワードプレスのデータを新環境にアップする
9. データベースに紐づくURLを一括置換
10. Search and Replace for WordPress Databases Scriptを削除する
[/box]

サーバーの引越し、ドメインの移管が終了するともう一つ重要な作業をしないといけません。
それは、グーグルに「サイトを変更したよ!」と通知する事。
引き続きGoogleSearchConsoleの設定方法を記載します。

サイト変更後のGoogleSearchConsoleの設定方法

まずは、旧ドメインのダッシュボードにアクセスし、設定タブかた「アドレスを変更」をクリックします。

続いて流れに沿って進んでいけばサイトの変更をGoogleに通知することができます。

この作業をしないとコピーサイトと見なされ、SEO的にもよろしくないので必ず行いましょう。

まとめ

いかがでしょうか、まだサイトを立ち上げでWebの事もシステム的な事も分らないという方々には少々頭が痛くなるお話だっだのではないでしょうか?
しかし、ワードプレスを使用する限りいつこういった引越しの手続きをしないといけなくなるかもしれません。
そうなった時に焦るのではなく、冷静に作業していきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました